新しい職場での服装も、初挑戦?

 

こんにちは。

 

アルバイトが決まったので、そろそろ準備をしようかな。
でも、新しく勤める企業から、採用の電話連絡以来、全く連絡がない。

 

今頃・・・

 

採用担当者:「ミスの報告です。」
上司:「えっ。あの、おばさんに、採用の連絡を入れちゃったの?」
採用担当者:「すみません。同じ苗字の方がいたので、間違えてしまいました。」
上司:「ばかもーん!」

 

と、なっていない事を、祈るばかりである。
以前も書いてしまっていますが、私の本名は、苗字も名前も、共によくある名前。


今までも、ひどい間違われ方をされてきた為、こんな事があっても、おかしくは無い。

採用された企業から、放置状態なのですが、一応準備をしておこう。

 

普通は、アルバイトを始めるにあたって、準備など必要ないのですが、私は今回
「人生初、肉体労働」に挑戦する。

 

最後に辞めた会社では、プチ役職だったため、洋服はスーツでした。
今回の企業では、面接でも「業務中は、ズボン&スニーカー」との指定がありました。

 

上は、「裸」という訳ではなく、動きやすい服を着用。←当たり前だ


まぁ、カジュアル服は承知のうえ、応募したし、たとえ不採用でも、また、カジュアル服の仕事を探すつもりでした。

 

普段、「おばさんのカジュアル服姿」ほど、物悲しいものは無いと思っているので、自分の私服は、スカートばかり。

 

取りあえず、数少ない、持っている「ズボン」を出してきた。

 

入ったけど、お腹パンパンだー。
日頃のジョギングの効果は、どこ行ったぁー?

 

どうやら、ジョギング中は、幽体離脱しているようで、精神だけがジョギングをしていて、体に全く反映していない。←は?

 

まぁ、入らなくはないけど、前に買ったもので、ヨレヨレなので、シャツ・ズボン・スニーカーを買いに行くか。

 

おばさんだろうが、新人は注目されますからね。

 

服は、「自称、Mサイズ」である。
自称なので、他称は、Lサイズかも知れない。でも、Lサイズは買わない。一旦着たら、どんどんデブ化する。無理やりでも、Mサイズを着る。←?

 

私の衣類の買い物で問題なのは、「試着をしない」こと。
もう、何十年と、この体と生きてきたので、洋服を見れば、入るか入らないか、だいたい予想がつく。

 

何より、「試着室の鏡」が、大嫌い。
そして、試着すると、「お客様、いかがですか~?」と、店員さんに待たれ、お披露目しなければいけない店もある。


靴も、23.5cmを買っておけば問題ないので、履かずに買ってくる。

 

それで、問題ないの?
まぁ、5回に1回は、失敗しますね。←でしょうね。

 

今回も、「自称、Mサイズ」「自称、23.5cm」で、試着せずに買ってきました。

この出費を回収するまでに、何時間働く必要があるのだろう。考えるのは、やめておこう。今は、腹肉との真剣勝負だ。

 

家で、試着せずに買ってきたズボンを、履いてみた。

うーん。ヨレヨレが問題ではなく、新品でも、お腹がパンパンである。

 

やはり、「自称、Mサイズ」。

息を止めておかなければ、苦しい。

 

鬼滅の刃で、鬼を倒すために「呼吸法」が色々あったけど、「きつめのズボン履きの呼吸」「腹肉減少の呼吸」を、何の努力も無しで、マスターしてしまった。

 

息を止めておけば、何とかなりそうだ!←は?

 

でも、無理して、初出勤日に、ズボンのお尻が、破けたー。

なんて事にならないように、あと数日で、お腹の肉を減らさなければ。

 

仕事を始める前から、色々と大変だな。