セミリタイア後に悩むことになる人4選

f:id:fukukatsudooo:20220112031242j:plain

01-12

福活堂ニコニコの考える「セミリタイア後に悩むことになる人4選」をご紹介します。

 

セミリタイア生活自体は、基本、幸せです。金銭面も問題なければ、さらに、幸福感が増します。でも、実はセミリタイア生活の一番の心配ごとは、生活費の問題ではないのかも。

 

①セミリタイアについて、「両親に申し訳ない」と思ってしまう方

 両親に「セミリタイアしたいんだ~」と伝え、「Oh!Yeah!」と返ってくるご両親は、むしろ病院に付き添ってあげましょう。ほとんどのご両親が反対されるはず。そして、「親に申し訳ない」と思ってしまう方は、心優しい方ですね。

 自分は、貧乏セミリタイアでも全然問題ないけど両親が・・・という方は、セミリタイアの間、ずっとその悩みは続いてしまいます。セミリタイア実行後に、急にびっくりさせないよう、こまめに会社の話や将来の生活設計について「×理解→○信用」を得ておいた方が、ご自分の優しい気持ちも、解消されます。

ご両親が心配されるは「仕事がない」事ではなく、「生きていけない」と捉えています。ご自分の大切な子供が「生きていけない」と思えば、反対されるのは当然ですし、子供を守ろうと考えている証です。

 

②大学の学費等、教育費を沢山かけてもらった方

これも、①同様に、家族から指摘を受ける点になりますね。「セミリタイア生活するために学費をかけたんじゃない」と・・・。でも、会社員生活も、教育費から役に立つことって少ないんですけどね。

家族で問題になった時に「大学の学費を親に返す」くらいの心意気や準備はありますか?セミリタイア後の生活費なんて、自分でどうにでもなります。実は、金銭的な問題って、こっちの方が大きいです。

 

③セミリタイア後に「取り組むこと」がない方

「取り組む事?」→「だらだらしたいから、セミリタイアしたいんだよ」と思われるかもしれませんが、本当に時間が途方にできます。会社員時代に「土日ヒマ~」だった方は、要注意です。時間が出来た事でしてしまう事って、「嫌な事を思い出す(考える)」ようになりますよ。会社員時代に忘れていたような事まで、思い出します。思い出してしまうのは、暇だからです。

 ただ、会社辞めたいだけでなく、セミリタイア後に何をやりたいのか?ハマりたいものを、考えておかないと、せっかく幸せなセミリタイア生活が、嫌な記憶でいっぱいになってしまいます。

 

④予定があることが好きな方

 自分はその逆で、予定があるのが苦手なタイプだったので、問題はありませんでしたが、「お金がない」以上に、「予定がない」方が、不安になるようです。予定を入れるということは支出を伴いますし「予定を入れたいけど、支出が気になる」「支出を気にすれば、予定が入れられない」の悪循環。そもそも、予定があるのが好きな華やかな暮らしの方は、セミリタイアなんて目指さないですね。

 

幸せなセミリタイア生活のためには、「(家族への)報・連・相」と「折衝能力」「明確な目標と事前準備」が必須です。

 

会社員みたいだな・・・。