セミリタイア後にデビューしたこと(鬼滅の刃)

 

f:id:fukukatsudooo:20220125013859j:plain

01-25

 

会社員をリタイアした昨年(2021年)秋、「鬼滅の刃」デビューしました!

 

・・・遅っ。

世界中から聞こえてきそうだ。

 

「日本中が沸いた」どころか、世界中でブームを起こし、「きめハラ」なんて言葉もありましたね。「きめハラしてくれる友達いないのかよ?」って思われますよね。

 

私にも、「漫画全巻貸します(←いらん)」等、数々のお誘いがありましたが、全く「アニメ」というものに関心がなく、けして疎開していた訳ではないので、街中で見かけても、「何このイノシシ?」くらいにしか思えませんでした(←も~ばかばか)。

 

自分の過去を振り返っても、はまったアニメは、「ハイスクール奇面組」と「ちびまる子ちゃん」くらい。「ハイスクール奇面組」は、毎回友達と大笑いしていた記憶が・・・しかし、1話も内容を覚えていない(原作者さんごめんなさい。幼かったからかと)。

 

「セミリタイアしたら、アニメを思いっきり見たい」なんて話も聞きますが、自分にはその感覚は全然わかりませんでした。会社員時代、仕事が終わって、風呂上りにTVをつけたら、アニメだらけ・・・。むしろ、怒りさえ覚えました。

 

そんな自分も、見聞きするうちに、「鬼滅の刃って、そんなに流行ってるのか?」と、当時、たまたま深夜に放送していた事もあって、見てみたのが「浅草編」の途中・・・。

 

これが、失敗でした。ただでさえ、刃もの・血もの・怪獣もの(←?)が苦手なのに、そのオンパレード。「こんなものが流行るとは、世も末だ・・・。」と思いながら、以降全く、受付ませんでした。残念。

 

しかし、2021年無職となり、「どうやらTVで、全編放送するらしい・・そんなに流行っているなら、録画だけしておくか。」と、見たのが最後、いや最初?

 

大量の涙と共に、「鬼滅教」入信。

 

どう良かったは、私が感想を書いたところで、薄っぺらいので割愛しますが「おもろい!」し、よく出来てる。

 

それからは、DVDに「正・副2枚コピー(←もと事務職)」し、もしも消えてしまった時用まで作成して、まぁ、あまりにも壮絶なシーンは、今でもダメですけど。何回も見ました。

 

全く、振り幅がでかいんだよ。

 

色々な方が評価されていますが、自分的には、吾峠呼世晴先生(&ufotable)が天才と言われるのは、私のような「アニメ下戸」を、ファンにしてしまったところですね。

 

すっかり、はまった私は、コンビニやスーパーで、鬼滅の刃がプリントされているお菓子をコンプ買いし、それを見た母が、「世も末だ・・・」と心配しています。

 

私に「鬼滅の刃」を、お誘いしてくださった皆様には言えず、ブログにこっそり書いております。みんなごめんね。私がアホでした。

 

リタイア生活も、鬼滅の刃も、最高です!!